病院情報
病院情報

設備紹介

超音波検査(エコー)

eko.JPG

<エコーで調べた画像>
echo.jpg

当院では主に腹部エコー・頚動脈エコー・心エコー・外傷後の表在エコーをおこなっております。腹部エコーでは肝臓、胆のう、肝臓、すい臓、脾臓等の腫瘍、ポリープ、結石などの病変を調べます。頚動脈エコーでは、動脈壁の硬化やプラークの有無を調べ、動脈硬化の程度を評価します。
心エコーは専門医により評価いたします。表在エコーはスポーツ外傷後のリハビリに有効です。

内視鏡検査

naishikyo

内視鏡検査では潰瘍・ポリープ・腫瘍などの早期発見や、組織細胞を採取しピロリ菌の有無や悪性腫瘍の有無を判定することができます。当院の胃内視鏡は、経鼻・経口どちらで検査をするかを選ぶことができます。

経口挿入と経鼻挿入の違い
naishikyo1.bmp
バリウム検査で異常を指摘された方、胃部の不快を感じられている方には内視鏡検査をお勧め致します。便潜血検査で陽性だった方には、大腸内視鏡にて癌やポリープがないかを調べます。

心電図

心電図は心虚血(狭心症・心筋梗塞)、不整脈などを診断します。

検査後は、専門医により解析を行います。こちらも不整脈や狭心症の診断と治療経過の観察のために行います。

shindenzu

動脈硬化検査(CAVI

shisetu2

動脈硬化は自覚症状がほとんどありません。当クリニックでは早期発見のため、四肢の血圧を自動測定し、動脈硬化の進行度や血管年齢、下肢動脈の狭窄・閉塞が測定できる検査を行うことができます。

呼吸機能検査

kokyuki

肺気腫などのCOPDによる、肺機能の状態を調べる検査です。
検査機器につながったマウスピースをくわえ、息を吸ったりはいたりして、肺に出入りする空気の量や速度の測定をして、肺の換気機能を調べます。

ヘルストロン

helstoron

当クリニックでは、医療用の3万ボルトのヘルストロン治療をおこなっております。
ヘルストロンとは、日本で初めて厚労省に認可された電位治療器で、ただ座るだけで体に負担のないやさしい治療器です。電極と電極の間に通電するので、電気特有のビリビリ感はほとんど感じられません。効果はひとそれぞれですが、継続使用することにより慢性症状の軽減などが期待できます。
長く続いている慢性の痛みやしびれなどの症状でお悩みの方は、一度ご相談ください。

利用料金


3割負担1回330円
1割負担1回110円
病院情報
  休診等のお知らせ

いつも当クリニックをご利用いただきありがとうございます。
【年末年始のお知らせ】
12/29(土)~1/3(木)

PAGE TOP