診療科・部門案内
診療科・部門案内

教育制度

卒後教育について

教育方針

職員一人ひとりが看護の専門的知識、技術を習得し、より良い看護実践ができるよう人間性豊かな人材育成に努める。

教育目標

  1. 個々の患者様、ご家族に安全性と安楽性の高い看護が提供でき、かつ満足と安心感を提供することができる。
  2. 専門職業人として各自が看護能力を高めるために、自主的な学習ができる。
  3. 自己の看護を振り返り看護観を深めることができる。
  4. 研修内容を全看護職員へ伝達し共有する。

教育体制

kyoiku.gif

新人教育

  • プリセプターシップの導入
  • プリセプターシップ支援体制
  • ポートフォリオの導入

新人研修

kyouiku.jpg

※画像をクリックすると大きくなります。

卒後教育と現任者教育

  • 新人教育:プリセプターシップ導入により、新卒の看護師でも安心して勤務出来るよう配慮しています。
  • 新人フォローアップ研修の実施により、幅広く看護師としての成熟をバックアップします。
  • 院内看護部研修計画に基づいた研修の実施
  • 院外年間教育計画に基づいた研修の派遣に対して積極的にバックアップし、看護職能の向上を目指しています。

看護継続教育

1.新人教育プログラム(プリセプターシップ導入)

  • 新採用者オリエンテーション
  • 基本的看護技術の取得
  • 新人フォローアップ研修(就任後1ヵ月、3ヶ月、6ヶ月、9か月、12か月)

2.継続教育

院内外教育計画を立て、必要な知識と技術の習得はもちろん患者さまの視点に立って考え、看護に取り組めるナースへと成長できるよう院内教育の充実に力を入れています。


PAGE TOP