診療科・部門案内
診療科・部門案内

検査科

内容紹介

検査科

 臨床検査室の役割は、さまざまな検査方法で患者さまの身体を調べ、日常診療の中でさまざまな病気の診断や治療方針を決めるうえで、欠かすことのできない検査データを提供しています。先生方の的確な診断と治療を支援するために、迅速でかつ正確な検査を行うように努めています。

 臨床検査は、常に進歩しており、新しい技術を取り入れて高度のレベルを保つべく、研鑽に励んでいます。

 臨床検査室の業務内容は、大きく分けると患者さまより採取された血液や尿、便などの材料を検査する『検体検査』と、患者さまを直接検査する『生理検査』に分けられます。

検査内容

血液検査

 血液中に含まれる、赤血球・白血球・血小板数や細胞の形態を調べる末梢血液検査、出血があった時に、止血機能が正しく働くかを調べる凝固検査、これらの検査は、病態把握に不可欠な検査で診断・治療・予後の判定に活用されています。

生化学検査

 血液や尿などに含まれている様々な成分(蛋白質・糖質・脂質・電解質・酵素など)を科学的に測定しています。検査項目を複数組み合わせることで、肝・胆道機能、膵機能、腎機能、甲状腺機能、脂質代謝、糖尿病関連、炎症など身体の中の状態を把握することができます。

一般検査

 蛋白・糖・潜血反応などを測定する尿定性検査と、尿中の有形成分の有無を顕微鏡下で観察する尿沈渣を行っています。糖尿病、腎臓病、尿路(腎盂、尿管、膀胱、尿道)の機能を把握する検査です。

免疫血清検査

 抗原抗体反応を利用して、細菌・ウイルス感染の有無や免疫機能の状態を検査しています。肝炎、梅毒等の感染症を検査しています。

緊急検査

 緊急に検査が必要な場合に、迅速に処理し速やかに結果を報告します。血液学検査、生化学検査、免疫学検査、凝固系検査、血液ガス分析などを、微量でも可能な限り測定できる機種を備えて、24時間365日毎日対応しています。

輸血検査

 これから輸血をする患者様の血液の準備、適合性の検査(輸血前検査)を行っています。また、 手術に先立って自分の血液を貯めておいて、手術時に返血する自己血輸血の準備 (自己血採血業務)も行っています。

出血時間検査

 皮膚(耳たぶ)に小さな切創を作り、出血が自然に止まるまでの時間を測定する検査です。

生理機能検査

 心電図・脈波・脳波・呼吸機能・超音波検査など、身体の内部や表面から発生する電気的・機械的変化を診ることで、身体の状態を検査します。身体に検査装置を装着しますが、決して危険な検査ではありません。安心・安全・快適に検査を受けていただけるよう、スタッフ一人ひとりが努めています。

PAGE TOP