和風会 > 所沢中央病院 > 診療科・部門案内 > 診療科のご案内

診療科・部門案内
診療科・部門案内

眼科

内容紹介

「目は知識の窓」といわれます。活字のあふれる現代では、目から入ってくる情報量は膨大です。目が充分に機能しないと、人間としての活動力が低下してしまいます。また、目は全身の健康状態を映す鏡です。目の不調で身体の病気が発見されることも少なくありません。当院眼科ではみなさまの目の健康を支えるよう努力しています。

緑内障は、わが国では中途失明原因の第1位を占め、40才以上の5%もの人にみられますが、末期まで症状を自覚しにくいのが特徴です。しかし、健康診断などで早期に発見し早期から治療することで、その進行はかなり抑えることができます。眼科では、健診センターと連携し、「一生快適に見え続ける目」をめざしています。

白内障や加齢黄斑変性も、高齢化社会に入り、増え続けています。当院では現在、手術を行っていませんが、きめ細かくご相談に応じ、検査や保存的治療を行い、他施設にも紹介しています。

パソコンなどの情報機器が急速に普及し、目の疲れやかすみなどを生じる方も増えています。めがねの不適合やドライアイ、全身の不調にともなうものなど原因はさまざまですが、いずれも、快適な情報生活を楽しんでいただけるよう努めます。

糖尿病網膜症も中途失明原因の上位を占め、これもかなり進行するまで症状の出にくい疾患です。内科との連携で早期発見に努め、万一進行してしまった場合には、適切なタイミングでレーザー治療を行います。

脳梗塞などの頭蓋内疾患では、視野障害や複視などを生じる場合があります。脳外科とともに経過を見守り、生活上の助言やめがねの処方をしています。

そのほか、結膜炎、花粉症、眼底の病気、弱視治療、色覚異常など、あらゆる眼疾患について、患者様の立場を第一に問題点を整理し、きめ細かい対応と十分な説明で、みなさまにご満足いただける診療を心がけています。どんなことでもお気軽にご相談ください。月曜日から土曜日まで、午前のみの診療です。

スタッフ紹介

常勤医師

中村 かおる(なかむら かおる)

no image
ご挨拶・モットー

患者様ひとりひとりの立場にたち、適切で丁寧な診療を心がけています。
どんなことでもご相談ください。

出身大学

東京女子医科大学(昭和58年卒)

専門領域
  • 眼科全般
  • 色覚
  • 緑内障
  • 角膜疾患
認定医・専門医等
  • 日本眼科学会専門医

外来担当医表はこちらです。

PAGE TOP