和風会 > 所沢中央病院 > 診療科・部門案内 > 診療科のご案内

診療科・部門案内
診療科・部門案内

内科

内容紹介

外来

 内科はかなり広範囲の疾患を含んでいますが、外来診療は、まず初期診療いわゆるプライマリーケアと専門外来に大きく分けることが出来ます。初期診療では何らかの自覚症状、たとえば発熱、頭痛、食欲不振、腹痛、胸痛、息切れ、めまいなど、しばしば見られる症状の場合は、できるだけ迅速かつ正確な診断と適切な治療による初期対応ができるように心がけています。

 また、専門外来では各種の疾患について当院では各分野の専門医がそれぞれ診療を行っています。特に循環器、消化器、糖尿病・内分泌、膠原病・リウマチ、血液、脳神経などの疾患について重点的に種々の検査に基づいた的確な診断と治療ができる体制をとっています。

 専門外来においては、特に高血圧、糖尿病、脂質異常症、痛風などの生活習慣病を中心とした慢性疾患の治療・管理を行っています。生活習慣病は十分な治療が行われない場合、脳血管障害、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心臓病、腎不全などの重大な合併症をひき起こすため、早期発見と早期治療が非常に重要です。この観点から当院では薬物治療だけでなく、食事療法や禁煙などの生活指導を積極的に行い合併症の予防や再発防止にも力を入れています。

 急性、慢性を問わず、体調の変化や健診結果の異常などについても何かございましたら内科医にお気軽にご相談ください。

入院

 当院では外来受診された患者様で入院治療が必要な方や近隣の医療機関からのご紹介により入院治療が必要な肺炎、心不全、脳血管障害、尿路感染症、消化器疾患等の患者様の受け入れを行っています。

 最近の傾向として、高齢の患者様が多く、入院によってADL(日常生活動作)の低下をきたしやすいため、できるだけ入院早期から積極的にリハビリを行うことにより速やかな回復と退院を支援できる体制をとっています。退院後にご自宅への復帰が難しい場合には、医療相談員が退院後の方向性について情報提供やアドバイスと必要な調整を行います。また、高度な専門的医療が必要と判断される場合には連携している専門病院や大学病院へご紹介させて頂きます。

スタッフ紹介

常勤医師

副院長
織部 尚利(おりべ ひさとし)

織部 尚利
ご挨拶・モットー

自分の専門である高血圧症、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病と循環器疾患および内科全般を担当して診療を行っております。患者様に対し、できるだけ分かりやすく丁寧な説明と納得できる最善の医療を目指して努力をしております。どうぞよろしくお願いいたします。

出身大学

熊本大学(昭和54年卒)

専門領域
  • 循環器内科とくに高血圧、脂質異常症、心疾患 など
認定医・専門医等
  • 医学博士
  • 日本内科学会認定医
  • 日本医師会認定産業医

佐藤 一樹(さとう かずき) 循環器内科

佐藤 一樹
出身大学

平成12年 杏林大学 医学部卒
平成20年 杏林大学 大学院卒

専門分野
  • 循環器一般(心脈超音波)
  • 内科一般(高血圧脂質異常症 等)

小林 隆(こばやし たかし) 血液内科

no image
ご挨拶・モットー

 内科全般および血液疾患を担当しています。外来では病態を的確に把握するべく、血液検査その他の検査を必ず行い正確な診断に至るよう努めています。また、受診される方が日常生活で経験していることが診断や症状軽快の一助になることも多々ありますので、時間が限られてはおりますが受診に至るまでの経緯や普段の生活についてもお知らせください。
当院の外来では感染症や高血圧等の一般的内科疾患の他、血液疾患では鉄欠乏性貧血、巨赤芽球性貧血、再生不良性貧血、骨髄異形成症候群、慢性骨髄性白血病、骨髄増殖性疾患(真性多血症、本態性血小板血症など)、特発性血小板減少性紫斑病、成人T細胞性白血病リンパ腫、意義不明の単クローン性免疫グロブリン血症(monoclonal gammopathy of undetermined significance (MGUS))などを、入院では肺炎をはじめとする一般的内科疾患の他、血液疾患では悪性リンパ腫、白血病、多発性骨髄腫などを診療しております。血液疾患、特に血液悪性腫瘍で移植適応年齢に該当する場合は、早急に移植可能な医療機関へ紹介しておりますので、ご相談ください。

出身大学
  • 慶應義塾大学経済学部卒(平成5年卒)
  • 日本大学医学部卒(平成19年卒)
  • 東京大学大学院医学系研究科医学博士課程卒(平成26年卒)
専門領域
  • 血液内科
  • 内科全般
認定医・専門医等
  • 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医
業績
  • Kobayashi T, Nannya Y, Ichikawa M, et al. A nationwide survey of hypoplastic myelodysplastic syndrome (a multicenter retrospective study). Am J Hematol. 2017 Dec; 92(2): 1324-1332.
  • Higo T, Kobayashi T, Yamazaki S, et al. Cerebral embolism through hematogenous dissemination of pulmonary mucormycosis complicating relapsed leukemia. Int J Clin Exp Pathol. 2015 Oct 1; 8(10): 13639-42.
  • Kobayashi T, Seo S, Morita S, et al. Esophageal intramucosal hematoma after peripheral blood stem cell transplantation: case report and review of literature. Int J Clin Exp Pathol. 2014 Apr 15; 7(5): 2690-4.
  • Kobayashi T, Ichikawa M, Nannya Y, Kurokawa M. The effect of decreased-dose idarubicin for elderly patients with acute myeloid leukemia. Jpn J Clin Oncol. 2013 Oct; 43(10): 1047-51.
  • Kobayashi T, Hangaishi A, Yamamoto G, et al. Successful treatment of secondary NK/T-cell lymphoma of the testis. Ann Hematol. 2013 Jul; 92(7): 997-8.
  • Kobayashi T, Ichikawa M, Kamikubo Y, Kurokawa M. Acute myeloid leukemia with cryptic CBFB-MYH11 type D. Int J Clin Exp Pathol. 2013; 6(1): 110-2.

非常勤医師

氏名専門領域 
伊藤 正孝内科一般
加野 美希内科一般
幅 雄一郎内科一般
山岸 夢希内科一般
中島 弘幸消化器
林田 康男消化器
李 慶文消化器
岡田 真リウマチ膠原病アレルギー
片岡 さゆりリウマチ膠原病アレルギー
松本 光世リウマチ膠原病アレルギー
その他担当医リウマチ膠原病アレルギー
福士 圭循環器
萩沢 康介循環器
谷脇 正哲循環器
木村 文彦血液
桑原 彩子血液
長谷 素子糖尿病
竹脇 史絵糖尿病
松脇 りえ呼吸器
長岡 正範神経内科
松尾 洋孝痛風

外来担当医表はこちらです。

PAGE TOP